読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナッツの物語 その5

お読みいただきまして有難うございます!

 

さ~て、夏は合宿の季節!KGアメ民もご他聞に漏れず、毎夏と

春にはとても楽しい合宿がありました!我々新入生にとっては

初めての合宿、ドキドキワクワク!いやそうかなぁ~、どうも

上級生の方が…手ぐすね引いてこの時とばかりに…待ち構えて

…絶対先輩方の方が楽しんでいるようだったですね!

 

この時の合宿の写真はないので…残念ながらビジュアルでは

お伝えできません。

 

8月9日月曜日から14日土曜日の5泊6日、於いて丹後半島

網野の民宿で、往復はチャーターバスだった。朝、大阪/

梅田の阪急ガード下、バスターミナル付近に集合した…当日、

まさかの事態が発生した…ギターのNZ君が直前に手を負傷し、

参加困難のため欠席、包帯を巻いて見送りにだけは駆けつけて

くれた…。

 

何か不安な気持ちでバスが出発した。向かう丹後半島の網野は

京都府と云っても日本海側だ。高速道路は今ほど発達していな

くて、主に国道176号線を走る。国道とは名ばかりで、一部地域

では急勾配が続き狭くてカーブが多く未舗装、いわゆる地道が

多かった。昼飯はどこかに立ち寄りカレーライスだったかな…。

 

やっと到着し、スケジュール説明や注意事項が一通り終わって

お風呂に…あまり大きなお風呂ではなく2~3人入れるかどうか

だったけど、まあ民宿だからね~。

 

さて、そもそも合宿だから…先輩方の厳しい指導の下、練習に

明け暮れる毎日…という感じでは全くなかったような…。

バンドそれぞれの自由意思で練習時間を定め、ある者は海に

行って日焼けしたり、泳いだり、はめ合いとかはしゃいだり…。

バンジョー弾き4人で階段に段々に座って、或いは横に並んで

ジャムを…今で云う数珠繋ぎもしたことがあった。

今から思えば天国~極楽~みたいな…。

 

私はTK君に借りた当時流行っていたカスガのバンジョー

携えて行っていた。ケース外装が茶色いあれです。

このモデルをご存知の方が多いのでは…。

f:id:backtothegrass:20160831181839j:plain

(写真:手持ちがなかったので、ネットで探して拝借しました)

KASUGA Banjo photos: from banjo hangout and others

http://www.banjobuyer.com/banjo/15749

http://www.banjo-brands.com/banjo-43309-Deluxe-5-String-Banjo-with-Case-KASUGA-malaga

http://www.banjohangout.org/archive/159983

 

写真にはないが、借りたバンジョーの2、3弦にはカム式の

チューナーが付いていたので「Earl’s Breakdown」を個人的に、

バンドでは、当時のKGアメ民新人バンドにはお決まりだった

「Blue Ridge Cabin Home」や「Your Love Is Like A Flower」と、

我々の勝手なアレンジによる「Golden Ball Special」を練習した。

 

The Kentucky Travelers(ザ・ケンタッキー・トラベラーズ)の

「The Moon Saw Me Crying」もぼちぼちやり始めていたかなぁ?

 https://www.youtube.com/watch?v=_9cluzumnrM

下記はこのLPの全曲が聴ける。

私宅にもあるはずだが、永らく聴いていない…。

https://www.youtube.com/watch?v=Vee7ZBDR1bI

 

久しぶりに今聴いてみた。懐かしいなぁ~。あの時のあの気持ち、

バンジョーをどう弾いたらいいのか、まだまだ分からなくて試行

錯誤の連続(今もそうですが)だった。

何とかこのように弾きたい!と一生懸命採ったタブが出てきた。

最初の頃はこのように小さなA5サイズの普通のノートに書いて

いたのだった。

 

(下の写真の左ページ下4段と右ページの最下段がそうです)

f:id:backtothegrass:20160831184957j:plain

  

ブルーグラス関係者がほとんどだったと思うが、日中、民宿の

畳の部屋に寝転んだりしながら…1、2回生が集まって話を

していると突如、1年先輩のフラット・マンドリン(フラマン)、

IHさんの目配せでターゲットが定まり一斉に寄ってたかって

パンツまで脱がす…ただ脱がす…ひたすら脱がす…でもあえて

抗わない方が短時間で収束することが分かった。

うわさに聞いていた洗礼とはなにか…、これが恒例の洗礼か…

今回はこれだけだったので思ったよりは…安堵?

 

ところが…合宿中のある日、「恐いOBが来られるからみんな

隠れろ…」とIHさん始め先輩方の声でみんないっせいに避難。

たいへんなことになるのかなぁ~。

しかし、現れたのはアメ民創立者で、ヒッコリー・ホローズの

初代メンバーSE(又はC3)さんがフェンダーバンジョー

持って!まだ It’s a Crying Timeを始められる少し前だった。

 

同行されて来られた故TKさん伴奏のギターと共に、ドン・レノの

スタイルで「Home Sweet Home」を弾かれていたのを覚えている。

TKさんの不思議な歌が間に入ったなぁ~。チューナーを使った

ドン・レノのスタイルは、スクラッグスの同曲とは全く違っていて

面白かった。その時の音はとても重厚だったように記憶している。

 

どう表現すればいいか迷ったが、マスコミでも伝えられていたので

ストレートに云うと、現東京都知事のKY氏はこのKGアメ民の出身。

といっても夏休みまでで、秋からはお父上の仕事の関係でエジプトの

カイロ大学へ移って行った。

女性3人でバンドを組んでいてこの合宿には参加していた。実は私も

バンジョーで曲によっては手伝ったことがある。

この合宿で先輩OBの中には膝枕をしてもらった猛者がおられることは

私自身が目撃者であり証人でもある。この話題はここで留め置く。

 

畳敷きの大広間で全員集まっての合宿成果?発表会は12日木曜日。

フラマンにUJ君、TK君がバンジョー、私がギター。2曲「Blue Ridge

Cabin Home」ともう1曲何だったかな…

と、またまたかなり長文になってきたので、ここであっさりと尻切れ

トンボ、尻すぼみで終了します。無事楽しく合宿から帰ってきたのは

間違いありません…あまり記憶がないですが…。

 

では…また…。